学校案内 カリキュラム 施設案内 キャンパスライフ アクセス・お問い合わせ リンク

Contents

桂・カレッジ通信

京都桂病院クリスマスコンサートに参加しました

2016年12月17日(土)、毎年恒例となりました「京都桂病院クリスマスコンサート」に本校の1年生が参加し、入院患者さんや地域の皆さんに歌と踊りのパフォーマンスを披露しました。

様子1

コンサートのオープニングを務め、キャンドルライトとともに入場した本校学生は、この日の為に自分たちで考えた若さあふれる演目を披露し、会場の注目を集めました。

様子2
様子3

クリスマスソングに続いて披露したのは意外なことに演歌の熱唱。ご年配の方にも一緒に楽しんでもらえるようにと学生が選曲しました。最初は遠慮がちだった会場の皆さんも、学生のパワーあふれる歌のおかげで徐々に盛り上がり、最後には「アンコール」の声も飛び出す盛況さとなりました。

様子4

「京都桂病院クリスマスコンサート」は本校に隣接する京都桂病院にて毎年12月の第3土曜日に開催されています。看護学生のパフォーマンスの他にも多数の催し物で皆様のお越しをお待ちしております。ぜひお越しください。

様子5

2016年 学校祭

11月2日、4日に学校祭を行いました。1年生2年生が協力して楽しい行事となりました。

様子1

文化祭では様々な模擬店を出し合い、学生同士だけでなく、地域の方との交流を図ることが出来ました。
ベビーカステラはオリジナルレシピで、とてもおいしかったです。

様子2

中庭の様子です。各グループがここで作ったものを販売しています。
貴重な男子学生とも仲良く過ごしています。

様子3

1年生は初めての学校祭!ドキドキでしたが楽しむことが出来ました。ジューシーなフランクフルトいかがでしょうか〜?


学校祭恒例の写真コンテストの表彰式も行われました。

様子4
様子5

受賞されたみなさん、おめでとうございます!!

様子6

体育祭ではドッヂボールとバレーボールをしました! 1・2年生関係なく皆真剣勝負です!

様子7

試合をするにつれて、1年生2年生との間にチームワークが生まれました〜!
久々の運動はとってもきもちいいでーす!

様子8

学年対抗リレーの第一走者! 1位のチームには豪華景品が贈られました。

様子9

学年対抗リレーは1年生の勝利!! おめでとう! リレーのMVP走者です。お疲れさまでした!

様子10

最後は仲良く全員集合〜!! 楽しかったぁ!!!


2016年度 1年生 模擬患者さんによるバイタルサイン測定

基礎看護学 看護援助論U(フィジカルアセスメント)の授業で1年生がバイタルサイン測定を行いました。

様子1

呼吸、脈拍、体温、血圧の観察と測定を実施し、正確な値が測定されているか、模擬患者さんにどのくらい気遣いができているかを臨床看護師が確認しました。

様子2
学生より

「練習をたくさんしたにも関わらずとても緊張しました」

「臨床へ早く出て、たくさんの患者さんに出会いたいと思いました」

様子3
臨床看護師より

「一生懸命取り組んでいる姿を見て学生時代を思い出しました。実習で成長した姿を見てみたいなと思いました」

様子4
臨床看護師より

「素晴らしい看護師さんになられることでしょう。頑張ってください」

「学生さんは緊張しておられたようで、それがこちらにも伝わりました。いろいろ場数を経験されて、親しみやすい腕の良い看護師さんになっていただきたいと思います」


〜あたたかい励ましの言葉をたくさんいただきました〜

様子5
担当教員より

2年生が基礎看護学実習Uに行ってきました

夏休みが終わったと同時に、3週間の実習<基礎看護学実習U>に行ってきました。

様子1

2年生の前期に学んだ「看護過程」を実際の患者さんに活用して、一人ひとりの患者さんに個別性のある看護を実践できるように頑張りました。

様子2

授業とは違い、患者さんの情報を電子カルテや患者さんとのコミュニケーションを通して自分で収集していかなくてはならず、たくさんの情報の中から看護に必要な情報は何かを悩みながら収集し、一つひとつの情報の意味を考えながらアセスメントしました。

様子3

看護計画を立案してからは、計画に沿って実践を行いましたが、計画通りに行うことの難しさと、患者さんにあった計画でなければ実践できないことを日々実感し、記録を書きながら修正を行いました。

様子4

教科書通りの患者さんはいない。だからこそ難しくもあり、やりがいもある。「私の受け持ちの患者さん」のためにできることを考え、一生懸命に関わり、期待される成果を達成できた時は、本当に嬉しく患者さんと共に喜べた充実感は忘れられません。

様子5

専門分野Uの実習までに、もっと学習して患者さんに良い看護が提供できるように頑張りたいと意欲満々です。

第9回ホープの会 〜Home Coming Day〜 が開催されました

8月2日(火)に卒後1年目の新人看護師を対象とした「ホープの会 〜Home Coming Day〜」が開催されました。

様子1

今年のテーマは、「職場における人間関係について」でした。講師には川部哲也先生(大阪府立大学大学院 人間社会システム科学研究科)をお迎えし、自分たちの過ごした職場での4か月で「どのような体験をしたのか」を振り返りました。1年次の宿泊研修の時にも川部先生の研修を受けていましたので、懐かしい気持ちと安心感で、楽しく心理劇の物語を考え、脚本を作成し発表を行いました。

様子2

「何故ストレスが生まれるのか。そこには物語がある。」それをグループで共有し、すべてのエッセンスを詰め込んだ脚本を作成し、心理劇を行いました。その中でストレスの要因や対処方法を考え、共有することができました。

様子3

茶話会では、美味しいお菓子を食べながら、懐かしい学生時代の話や今頑張っていることを語り合い、リフレッシュした笑顔を見せてくれました。一つひとつの経験を大切にして、たくましく成長してくださいね。私たち教職員は、いつも頑張っている皆さんを応援しています!

様子3

2年生が老年看護学で高齢者体験をしました

この体験は、高齢者の身体機能がどのように変化しているのか、その変化が日常生活にどのような影響を及ぼしているのかを知ってもらい、高齢者に必要な援助の在り方を考えてもらう授業です。

手足に重りを付けたり、腰が曲がった状態になる道具を身に付けます。

様子1

眼鏡をかけると、黄色がかって見えます。細かな作業がしにくく、お箸を使うのも一苦労です。

様子2

階段では「足があがらない」「足元が見えなくて怖い」と、恐る恐る歩いていました。

様子3

寝転んだり、立ち上がったりも、一人ではできず、「ちょっと助けて」「どこを支えたらいい?」と、声をかけあいながら、協力して行っていました。


体験した人、そばで助けてあげた人から、それぞれ「よっこいしょって、なる気持ちが分かった」「床に落とした物を拾うのは大変」「ちょっとした気遣いができるように、気をつけたい」などなどたくさんの気付きがありました。

第1回学校公開開催しました

5月28日(土)今年度第1回目の学校公開を開催いたしました。
当日は、生憎の雨模様にも関わらずたくさんの方々にご来場いただきました。

学校長のあいさつに続き、副学校長より本校の教育方針・カリキュラム・実習施設・入試情報・奨学金などについて映像資料を用いて説明をさせていただきました。

様子1

その後、参加者は数名ごとのグループに別れ、看護体験と質問コーナーに参加していただきました。どちらのコーナーも説明を担当するのは本校の在学生たちです。

様子2

看護体験のコーナーでは授業に用いられる医療器具などの教材について、学生による説明を聞き、その後、実際に機器に触れていただきます。

様子3
様子4

質問コーナーでは、在学生が直接、皆さんの疑問に答えます。入試・勉強・学校生活など様々な質問が出ます。

その後は希望者に京都桂病院看護部の紹介ビデオの視聴、学生寮の見学をしていただき、当日のプログラムは終了となりました。

今後も学校公開・説明会の開催を多数予定しております。今回お越し頂けなかった方も、次回はぜひご参加いただき、本校の雰囲気を感じてください。

学校公開 開催日程はコチラ!

4月28日 自治会交流会開催

4月28日に自治会交流会を開催しました。

様子1

私たちが2016年度自治会のメンバーです。

一年生自治会メンバーは初々しい姿でしっかりと挨拶をしてくれました。
1年間よろしくお願いします!

様子2

全学年と話ができるようにグループごとに移動して交流しました。
みんな初顔合わせで緊張しながらも楽しく交流会を進めることができました。

様子3

1年生の話に耳を傾ける先輩たちです。

様子4

学校にもなじめてきた1年生です。楽しそ〜!

様子5

先輩の体験談や講義の話で盛り上がりました。

全員で交流することができ、各学年との絆を深めることができました。ともに看護師を目指す仲間として頑張りましょう。

1年次生 宿泊研修

2016年4月24日〜25日 亀岡湯の花温泉にある<京都・烟河>で、1年次生の宿泊研修をしました。

様子1

『看護における人間関係について、体験的に学ぶ』のテーマどおり、川部哲也先生(大阪府立大学大学院 人間社会学研究科)による多彩な体験が盛り込まれた研修。
楽しいなあ…と思っていたら、実は、とても大きな学びにつながっていた!
体験を重ねるにつれて、自分自身の発見と他者の理解がすすみ、人間関係を構築していくイメージが形成される研修でした。

様子2

宿泊研修は、美味しいお食事、癒される温泉、みんなと過ごす時間のひとつひとつが、人間関係を豊かにできるチャンスです。
夕食後の自己表現は、緊張するけど自分を知ってもらう貴重な体験の場。笑いと感動のうちに、あっという間の時間でした。看護においても、コミュニケーションをはかる上で適切な自己表現はとても大切です。


2日目は、体を動かすプログラムです。今年はボーリング大会。スコアが良かった人も今一つだった人も…みんなが笑顔で過ごせた時間でした。烟河まで帰るバスは、心地よい疲れで熟睡する人が何人もいました。


様子3

入学後わずか2週間で過ごすみんなとの時間、看護師を目指して、3年間共にがんばろうという結束が固まったようです。どうか、このチームワークを大切に、コツコツ学習を積み重ねて、今回の研修で学んだ人間関係構築の技術を活かせる看護師に成長してください。

様子4

2016年度入学式

様子1

4月7日(木)「2016年度入学式」を執り行いました。当日はあいにくの雨模様となりましたが、会場は希望を胸に式典に臨んだ新入生の晴れやかな笑顔に満たされました。

様子2
様子3

入学生認定に続く式辞において、学校長が本校の教育理念を交えながら、学生生活の心構えと、新入生に対する期待を述べました。


続く来賓祝辞では、本校の設立母体である京都社会事業財団会長様をはじめとする来賓の皆様より暖かい励ましと応援のお言葉をいただきました。

様子4

その後入学生代表が力強く入学生宣誓を行いました。

様子5

「本校で確実な知識・技術を身につけ、またコミュニケーション能力をはじめとする豊かな人間性を磨いていきたいと今、決意を新たにしています。……多様な価値観に触れ、良い人間関係を築く力を身につけ、また勉学に励み、自分自身を鍛え、大きく成長していきたいと考えています。」

様子6

「校歌 ‘学び舎’ 斉唱」

様子7

今年の入学生41名はこれからの3年間、看護師になるという目標に向かって講義・演習・実習にと、多忙で充実した日々を送ります。頑張る皆さんの姿に教職員一同心よりエールを送ります。

第105回看護師国家試験全員合格

平成28年2月14日に行われました第105回看護師国家試験に
全員合格いたしました。おめでとうございます!

様子1

受験生の皆様、お疲れ様でした。
ご指導いただきました関係者の方々にお礼申し上げます。
これからの皆様のご活躍を教職員一同応援しています。

2015年度 卒業式

去る3月3日(木)すがすがしい青空の下、2015年度の卒業式を執り行いました。式典は多くの来賓とご家族の方々に見守られる中、厳粛に執り行われ、卒業生は3年間にわたる厳しい課程を修了し成長した姿を披露しました。

様子1

式典では学校長より卒業生ひとりひとりに卒業証書が手渡され、

様子2

法人会長をはじめ来賓の皆様より、心のこもったお祝いの言葉をいただきました。

様子3

続いて在校生代表が卒業生への感謝を込め、送辞を送りました。

様子4

「私たちに勉学や実習などの学生生活について教えてくださいました。その時に触れた優しさは今でも印象に残っております。…… 毎日明るく実習へ向かう皆様の姿を見ていると、大変ながらも充実した日々を送られていることが感じられ、勇気をいただきました。
まだまだ、力不足な私たちですが、卒業される皆様のように、明るく、前を見据えて進んでいきたいと考えています」


その後卒業生代表より感謝の思いを乗せた答辞が述べられました。

様子5

「私たちは専門職としての責任感と使命感を持ち笑顔で患者さんと向き合い、看護とは何かと常に探求し、素直さと謙虚さを兼ね備えた看護師になれるよう今後も努力を続けます。……一緒に3年間を乗り越えてきたかけがえのない仲間と卒業の日を迎えられたことは誇りであり、私たちを支えてくださった全ての方々に感謝の意を表し答辞の言葉とさせていただきます」


最後に卒業生全員で歌を披露し、記念写真を撮影。

様子6

思い出が込み上げ涙ぐむ姿も見られる中、参列者の拍手に送られ「学び舎」を後にしました。

「看護師のメンタルヘルス」特別講義

「看護師国家試験も終わり、あとは卒業式を待つばかり。
…でも、国家試験の合格発表はまだ先だし、さらに、4月から社会人としてのスタートにもいろいろ心配があるなあ…」
こんな卒業前の揺れ動く思いを、この時期3年次生の多くが感じているのではないかと思われます。
そんな中、本校では、企業におけるメンタルヘルス対策の専門家の守田浩氏(医療法人ひつじクリニック 労働衛生コンサルタント)をお招きして、看護師のメンタルヘルス:卒業バージョン「医療現場のメンタルヘルス」と題したご講義をしていただきました。

様子1

医療現場では、命を守るというミッションを果たすべく、複雑で高度な医療技術への対応を求められる上、対人関係におけるコミュニケーション技術もあわせて必要とされます。
看護学生は、看護基礎教育を終えたあと国家資格をもって働き始めますが、この多様な状況に懸命に適応しようと取り組む中、頑張りすぎたり悩みを適切に解決できず就業困難なところまで至ってしまう可能性も大いに考えられると思います。


今回の講義では、まず医療現場で起こりうるストレスについて、ゲームを通して体験しました。

様子2

いきなり「えっ!?」と驚く難題でしたが、

様子3

その難題を解決するために必要なのは、仲間の連携と知恵だなあ…と、ゴール達成の喜びとともにつくづく感じる時間でした。

様子4

引き続き、看護場面で体験する可能性があるシーンについて
「あなただったらどうるす?」と題してグループ対応策を考えました。みんなで知恵を出し合ったら、本当に多くの対応策が導き出されました。
先生からは、

様子5

「これらの方法は、みんなを救ってくれる方法。とにかく、困難な状況に遭遇したとき、できるだけ多くの対策を持っておくことが大変重要である。その方法の多様さが、みんなのこころを守ってくれる」と、コメントがあり、自分の中に多様さをもっておく大切さを学ぶ機会になりました。


そして、視覚や言語を制限した意思伝達を体験するゲームは、2人1組での作業でした。

様子6

なかなか自分の意思が伝わらないもどかしさを感じる中、伝えるテキストの絵とはかけはなれたユニークな絵に笑い声が絶えない時間となりました。

様子7

それでも、驚くほど速く意思伝達のコツを掴み正確な情報伝達ができるチームも続々と出てきて「すごい!」と称賛を浴びていました。
この体験をとおして先生からは

様子8

「自分の感じ方と相手の感じ方はイコールではない。だからこそ、認識のズレをうめるコミュニケーションが重要であり、ひいてはそれが仕事上手となりストレスを減らすことにつながる」
と解説があり、お互いの認識を合わせる大切さを学びました。

木下副学校長より

母性看護学の演習(沐浴編)

さあ、これから新生児の沐浴演習です。

様子1

2年生の皆さん、ちょっぴり緊張気味?

様子2

お湯を入れたら、準備OKです!

様子3

まず、体重を測ります。何gでしょうか?

様子4

難しいけど、しっかり頭を支えて顔から拭いていきます。

様子5

抱っこも少し慣れてきたかも。
本番の実習に向けてがんばります。

11月5、6日に学校祭を行いました

●11月5日 文化祭

1日目は模擬店を出店しました。

様子1

1年生と2年生が協力しながら調理や販売を行いました。

様子2

また、地域の人達にも来ていただき、文化祭を通して交流を深めることができました。

様子3

後半は「写真コンテスト」の表彰式を行い盛り上がり、たくさんの人に楽しんでいただけました。

様子4

最後に、創立50周年を記念して、副学校長より当校の50年の歴史を振り返るお話があり、「記念誌」が配布されました。

様子5

●11月6日 体育祭

2日目の体育祭はボーリング大会を行いました。

様子6

互いに点数を競い合い、ストライクが出た時にはハイタッチをしながら盛り上がり、笑顔がたくさんみられました。

様子7
2015年度自治会長より

模擬患者さんのバイタルサイン測定

フィジカルアセスメントの授業で、1年生が模擬患者さんのバイタルサイン測定を行いました。バイタルサインとは、患者さんの身体状況を把握するために必要な情報のことです。ここでは呼吸、脈拍、体温、血圧の観察と測定を行い、正確な技術が習得できているか確認をしました。

様子1
様子2

模擬患者さんと臨床看護師の協力を得て、全員、無事実施することができました。

様子3
学生より
様子5
模擬患者さんより
様子7

あたたかい励ましの言葉をいただきました。

担当教員より

第8回ホープの会 〜Home Coming Day〜が行われました

8月26日(水)卒後1年目の看護師さんを対象に「第8回ホープの会〜Home Coming Day〜」を開催しました。今年も本校卒業生と隣接する京都桂病院に同期入職された36名の皆さんが集まってくれました。この「ホープの会」は京都府看護職確保定着事業の一環で、毎年この時期に開催しています。私たち教職員も新人看護師さんのフレッシュな思いに触れることができ、楽しみにしている事業の一つです。

様子1

今回は「“きょう”が明日の蕾みになる」をテーマに、ラベルワークと茶話会を行いました。「今日」「興」「協」「響」など、“きょう”と読める漢字を取り上げ、その漢字から連想する体験や思いを出し合ってもらいました。中にはオリジナルで「恐」という漢字を出すグループもあり、新人看護師ならではの思いも出てくる等、ここにいる皆が日々同じように悩み考えながら過ごしていることを感じてもらうことができました。

様子2

その後の茶話会では、お菓子を囲みながら、学生時代の想い出や今頑張っていることを語りながらリフレッシュしてもらいました。不安や悩みを抱えながらも、同期とのつながりを大切にしながら頑張っている新人看護師さん達の姿を見ることができました。その日その日の思いや経験を積み重ね、大きく成長してくれることを楽しみに見守っていきたいと思います。


京都桂看護専門学校 創立50周年記念式典および祝賀会を終えて

京都桂看護専門学校は、昭和41年9月1日「京都桂病院附属高等看護学校」として開校され、今年創立50周年を迎えることができました。
記念すべきこの年に本校では、去る8月8日京都ブライトンホテルで「京都桂看護専門学校 創立50周年記念式典および祝賀会」を開催いたしました。当日は、これまで本校の教育にご尽力いただきました先生方や同窓生など133名のご参加により、盛大で和やかな会となりました。

様子1

記念式典では温かなご祝辞を頂戴し、さらに本校同窓会「桂月会」より記念植樹の贈呈がされ、厳かな祝賀の雰囲気に包まれました。また、ペシャワール会現地代表・PMS総院長 中村哲先生の記念講演では、国境を越えた活動を知ることで、人生観を見つめ直す機会を得ました。

様子2

その後の祝賀会は、50年の歴史を振り返りつつ旧交を温め笑顔あふれる時間を過ごすことができ、ご参加くださった方々に教職員一同感謝いたしております。

様子3

学校設立当時から大切にされてきた理念を胸に、今後さらなる学校の発展を目指していきたいと思います。

様子4

認定看護師による授業

様子1

認定看護師による講義は、より専門性の高い内容を学ぶことができます。こちらは慢性呼吸器疾患看護の認定看護師さんです。

様子2

現場で活躍されている認定看護師の臨場感あふれる話に真剣なまなざしを向ける2年生達。

様子3

こちらは皮膚・排泄ケア認定看護師さんです。皮膚トラブルや人工肛門の専門的なケアについて実際の写真などを見て学んでいます。

様子4

学生がモデルになり、解剖生理学の知識を活かして皆で学びます。教科書だけではわからない事がいっぱいありますよね。

第1回学校公開開催しました

5月30日(土)今年初めての学校公開を行いました。

当日は夏を思わせる暑さの中、50名を超える皆様にご来場いただきました。

様子1

まず、副学校長より、本校の沿革やカリキュラム等について映像資料を使った説明が行われました。

様子2

その後、参加者は10数名毎のグループに分れ、看護体験と在学生への質疑応答に順次参加します。ここからが在学生の腕の見せ所です!看護体験の説明に、質疑応答にと、本校の学生が中心となり行います。


学校公開参加者への説明は学生にも貴重な体験になります。本番を前に教員と入念な打ち合わせを行います。

様子3

緊張しながらも参加者に教材の説明を行う在学生。日頃の学習の成果を発揮します。

様子4

説明を聞いた後は、参加者に実際に機器を触れていただきます。

様子5
様子6

質疑応答コーナーでは参加者の質問に学生・教員が答えます。(保護者からの相談には教員が対応する別ブースを設けています)

様子7

看護体験・質疑応答の後は教室にてアンケートをご記入いただき、希望者に京都桂病院看護部の紹介ビデオの視聴・学生寮の見学をしていただき、終了となりました。


短い時間ではありましたが、本校および看護職に興味を持っていただく一助となりましたら幸いです。


次回の学校公開は7月25日(土)の開催を予定しております。その他説明会も多数予定しておりますので、お時間の許す方は是非ご参加ください。



今年度、学校公開の日程はコチラ

3年生の専門領域別実習が始まりました

新年度がスタートして、はや2カ月が経ちました。

今年度も5月11日から3年生の専門領域別実習がスタートし、毎朝ロビーが学生と教員の声で賑やかな様子です。

様子1

学内で一日の行動計画を発表中!

これから、6カ月間近く続く実習の毎日に・・・
「やっていけるだろうか?」「記録書けるかな?」など学生ひとりひとりが不安や緊張を感じながらも、患者様との新たな出会いや看護を実践することへの期待を胸に、39名の学生はそれぞれの実習場へ出発しました。

様子2

病院以外の施設にはお揃いのポロシャツ+ジャージ姿で

様子3

病院までの道のりをグループ揃って歩いていきます

1年生・2年生で看護学の基本を学んだ学生達が、この実習を通して、対象の特性、生活されている場の特性を踏まえた看護を学び、12月には「豊かな人間性」を持った看護師の卵に成長するよう、見守り支えていきたいと思います。

1年生はじめてのユニフォーム

5月初旬、1年生が初めてユニフォームに袖を通しました。

本校では「身だしなみを整えることは、看護専門職を目指すものとして周囲に認められるための第一歩」とし、専門職への意識を高めています。

身だしなみを整え、真新しいユニフォームに身を包み演習に取り組む姿は、これまでと違って見えます。

様子1

1年生からは「看護師になったような気分」「気が引き締まった」「看護学生になった」と、それぞれに何かを感じてくれたようです。

様子2

シーツ交換

様子3

ベッドメイキング


様子4

滅菌手袋の取り扱い

様子5

無菌操作


ユニフォームは、連帯感・統一感を生むと言われています。

一人ひとりが共に力を合わせ、切磋琢磨しながら技術を磨いて欲しいと思います。そして、演習で身につけた技術をもう一度振り返り、知識を深めることで質の高い「技」になるよう、全力で応援していきたいと思います。

2015年度 入学式

新入生の皆さん! ご入学おめでとうございます!

4月2日(木)入学式が行われました。当日は満開の桜が広がり天候にも祝福された1日でした。

学校長より、入学が認定された39名の新入生にむけて、

様子1

との言葉が贈られました。


様子2

京都社会事業財団会長をはじめ、ご来賓の方々からもお祝いと励ましのあたたかいお言葉をいただきました。

様子3

入学生宣誓では新入生代表が、

様子4

「正確な知識や技術を身に付け、様々な人との関わりの中で人間性を磨き、仲間と高め合いながら大きな可能性に向かって進んでいきます」と決意を表明しました。


式典後、教職員の自己紹介が行われ、エピソードを交えたお話に新入生の皆さんの緊張も解け、笑顔になっていました。

様子5

1年カリキュラム担当教員からのメッセージ

様子6

学生生活が充実したものになるよう

教職員一同、全力で皆さんをサポートいたします。

創立50周年記念植樹を行いました

様子1

1966年に2年課程の「京都桂病院附属高等看護学校」として開校いたしました本校は、1977年に「京都桂病院附属看護専門学校」へ改称、2000年に3年課程の「京都桂看護専門学校」となり、今年創立50周年の節目を迎えることとなりました。

様子2

3月24日、学校創立50周年記念事業の一環として、同窓会の方々から記念樹が寄贈され、本校の中庭にて植樹を行いました。これから学生の成長とともに、皆様にもぜひ2本の樹の成長を温かく見守っていただきたいと思います。

この度、植樹いたしましたのは「カツラ」「タイサンボク」の二本です。


「カツラ」(花言葉:不変)

様子3

京都桂病院南口玄関横に、大きなカツラの木があります。秋に葉っぱが舞い落ちる様子が、蝶々のようです。


「タイサンボク」(花言葉:前途洋々)

様子3

とても良い香りのする白い花を咲かせる大木に成長します。

2014年度卒業式

様子1

3月5日(木)、春の麗らかな日差しの下、2014年度卒業式が行われました。41名の学生は3年間の課程を修了し、看護師国家試験の受験を終え、卒業式を迎えました。当日は突き抜けるような青空に恵まれ、京都社会事業財団会長をはじめ多数の来賓、家族の皆様が見守る中、式典は厳粛に執り行われました。

様子2

参列者の祝福の中、卒業証書を授与される卒業生

様子3

京都桂病院 看護部長他、来賓の方より心のこもったご祝辞をいただきました。

様子4

在校生代表からはこれまでの感謝を込め、先輩たちへの送辞が送られました。

「先輩たちの真摯に学ばれる姿勢は自分たちに大変良い刺激となり、あらためて看護師になるという目標に向けて気を引き締めて学んでいかねばという心持を抱くことができました」

様子5

続く、卒業生代表による答辞では、お世話になったすべての方への感謝とお礼の気持ちが込められました。

「私たちを受け入れ、学ぶ機会を与えて下さった患者さん、時に厳しく、時に温かく導いてくださった指導者様や先生方、精一杯応援してくれた家族、多くの人々の助けがあったからこそ、充実した学生生活を送ることができました。ありがとうございました」

様子6

式典最後の斉唱では、3年間の思いが込み上げ涙ぐむ卒業生もいました。それぞれの思いを胸に卒業生は、来賓・在校生、そしてご家族の皆様の拍手に送られ思い出の詰まった学び舎を巣立って行きました。

11月6、7日に学校祭を行いました。

●11月6日 文化祭

1日目はパーティーを行いました

様子1

1・2年生で一緒に作ったおにぎりやパンケーキなどを食べながら歓談し、演奏会やダンスの出し物、「写真コンテスト」「本の帯コンクール」表彰式、クイズ、ビンゴ大会などで盛り上がりました。

様子2

全員参加で一緒になって楽しむことができ、親交を深めることができた一日となりました。

様子3

1日目を終えて

出し物など授業の空き時間や放課後を利用し準備し大変でしたが、たくさんの人に楽しんでもらえたので安心しました。

様子4

1年生にとっては初めての学校祭でわからないことも多かったのですが、2年の先輩方のリードで無事に終わることができました。
看護学校で勉強ばかりの日々ですが、学校の仲間との楽しい思い出の一つとなりました。

(自治会書記)


●11月7日 体育祭

2日目は、大山崎体育館で体育祭を開催しました。
学年対抗でドッジボールとリレー、選抜メンバーでバレーボールを行いました。

様子5

このスポーツ大会は、1・2年生対抗で行われ、クラス一丸となって勝負しました。

様子6

ドッジボールやリレーを行うのは久しぶりで、次の日の筋肉痛が心配になりましたが、クラスメイトの違った一面を発見し、汗を流し、盛り上がりました。1・2年生とも、とてもいい勝負でしたが、あともう一歩のところで届かず、2年生が勝利しました。
やはり、2年間築いて来られたチームワークの力にはかないませんでした。

様子7

(自治会文化委員)

看護援助論U(フィジカルアセスメント)

1年生が模擬患者さんと臨床看護師の協力を得て、バイタルサイン測定を行いました。

様子1

初めて学生以外の方で測定をさせていただき、学生は緊張の連続でしたが、臨床看護師の適切な指導のもとで全員が無事にバイタルサイン測定を実施することができました。

学生より・・・

◆実際にご高齢の方で測定させてもらい良い経験になりました。

◆模擬患者さんの血圧がかなり高めでうまく測れませんでしたが、測り直しさせてもらい無事に測ることができました。

◆臨床看護師さんに励ましていただき、何とか最後までやりきれました。

様子2

模擬患者さんより・・・

◆学生さんの真剣さと熱意が伝わってきて感動しました。

◆入学して間もないのに真剣な面持ちで行動される姿が印象的でした。立派な看護師になれることを祈っています。

様子3

臨床看護師より・・・

◆日々の練習の成果が出ていたように思います。

◆みんな一生懸命で自分の心も洗われるようでした。実習で待っています。

様子4

防災訓練を実施しました

10月21日、2014年度の防災訓練を実施しました。本訓練は火災等の発生時に被害の拡大を防ぎ、身の安全を守るための行動が取れるよう西京消防署の指導の下、毎年実施しています。
今年の訓練は実習室で火災が発生したとの想定で、消防署への通報〜初期消火〜避難の一連の行動を行いました。

様子1

校外への避難の際には普段は使用しない避難通路も使用し、最初は笑っていた学生も徐々に真剣な表情に変わっていきます。避難場所への集合後、避難者の人数確認を行い、全員の避難完了を消防隊へ報告しました。

様子2

その後、消防署職員の指導の下、消火器の操作体験を行いました。実際に消火器をさわるのは初めてという学生がほとんどで、良い体験になりました。

様子3

最後に訓練参加者に対し、西京消防署より「今回の訓練を、今日一日だけの経験に終わらせず、消火器の設置場所・避難経路等を日常的に意識して、もしもの時に活かせるよう心掛けて下さい。」との講評をいただきました。

Tシャツイベント

2年生です。2014年10月1日「Tシャツイベント」やりました。
Tシャツは、いろんな柄・プリントがあり、みんな大好きでよく着ています。そこで面白い柄、楽しいプリント、大好きなTシャツに身をつつみ、楽しく学ぶ時間をもうけ、今後のがんばりのきっかけとしました。

様子1

後期の始まりの1限目!さあやるぞ!

様子2

2年生全員、真剣そのもの 頑張る姿が輝いています。その輝きをいつまでも絶やさないでね。

第7回ホープの会 −Home Coming Day

8月5日、今年で7回目となる「ホープの会 −Home coming Day−」を開催しました。
本会は京都府主催、京都府看護協会・京都府看護学校連絡協議会共催の「看護職確保定着事業」の一環として、卒後1年目の看護師の皆さんがリフレッシュして仕事を続けられることを願い、毎年開催しています。

様子1

今年のテーマは「笑顔は伝染する」です。自分自身が「笑顔」をもつことで、患者さんや家族、医療者間に良好な関係を持ち、就業意欲を高めることを目的に決定しました。

様子2

前半は落語家の笑福亭智之介さんをお迎えしマジックと落語を披露していただきました。智之介さんが披露する話術の巧みさに会場はたちまち笑いの渦に巻き込まれます。

様子3

後半は教員も交えての茶話会です。しばらくぶりに再会した同期生と学生時代の思い出話や職場での苦労話に花が咲きます。

様子4

参加者からは「皆、頑張っていることを知り、自分も頑張ろうと励みになった」との感想を頂きました。

様子5

卒業生の皆さんがそれぞれの職場で、益々飛躍されますことを期待してエールを送ります。

講義と実習の風景

今回は前期に行われた1・2年生の授業の中でトピックとなるものを二つ紹介いたします。


●2年生の講義「看護援助論[」

この科目では、臨地実習で患者さんに応じた看護技術が提供できることを目指し、グループワーク形式で演習に取り組みます。

様子1

「糖尿病」「心不全」「脳梗塞」「白血病」の4つのグループに分かれ、疾患の理解と必要な看護を考えます。

様子2
学生より・・・ 自分たちで一から学習していくことで知識を得ることができ、演習でさらに理解が深まりました。


●1年生の実習「基礎看護学T−@実習」

7月4日、入学後初めての臨地実習で、隣接する京都桂病院へ行きました。

様子3

午前中は病院の概要や各部門のオリエンテーションを受けます。午後からは5〜6名のグループに分れて病棟に行きます。

様子4
学生より・・・ 看護師さんのシャドーイングを行い、バイタルサイン測定や清拭などの見学ができました。1日だけの実習でしたが、看護師の仕事の内容をじっくりと見させてもらい、あらためて責任の重さを感じました。

第1回学校公開を開催しました

5月31日(土)今年第1回目の学校公開を開催いたしました。夏を思わせる暑い1日でしたが、多数の方々にご来場いただきました。

様子1

最初に当校の副学校長より学校の概要(教育方針・カリキュラム・実習施設・入試情報・奨学金など)を説明させていただきました。

様子2

この後、参加者はグループに別れ、看護体験と学生への質問コーナーに参加していただきました。体験コーナーの説明は在学生が行います。

様子3

体験コーナーの在学生「皆さん、今日は宜しくお願いします。」

在学生による説明の後、参加者の皆さんに実際にシュミレータを使って体験していただきました。

様子4

「呼吸の音ってどんな音?」

様子4

「酸素はここから流れてきます」


様子5

「血圧を測ってみましょう」

様子5

「脈をとってみましょう」


「実際に体験してみると・・・ 意外と難しい?」

質問コーナーでも質問にお答えするのは在学生です。

様子6

「今、実習でがんばっている3年生です。何でも聞いて下さい」

様子7

入試・勉強・学校生活 etc. さまざまな質問が向けられます。

短い時間でしたが参加された皆さんには本校の雰囲気を感じていただけたでしょうか。

7月以降も学校公開・説明会を順次開催いたします。今回お越しいただけなかった方も次回は是非お越しください。



⇒ 学校公開 開催日程はコチラ!


2014年度生 オリエンテーション合宿

4月20日・21日、自然豊かな湯の花温泉で1年生のオリエンテーション合宿が行われました。


様子1

はじめまして 2014年度生です!

ドキドキとワクワクが交差する二日間、
看護における人間関係を理解し、コミュニケーションに関する基本的なスタンス」を学びました。


<1日目>

「考えるヒント‘14」 講師:石坂 好樹 先生

様子2

学校長の「オリ合宿」名物講義
「考えるということについてふか〜く考えます」

「看護における人間関係について、体験的に学ぶ」
講師:川部 哲也 先生

様子3

心身をつかったグループワークは、一気に「距離」を縮めます。

夜はお待ちかね「自己表現」の時間です。

様子4

生演奏にうっとり!


様子5

アクション派!登場

<2日目> スポーツで体を動かして気分スッキリ!

様子6

クラスメートのことがもっと知りたくなりました。

2014年度生カリキュラム担当 宮田先生メッセージ

メッセージ

新入生歓迎交流会2014(自治会主催)

2014年度 自治会最初の行事は、新入生歓迎交流会です!

4月30日(水)総勢100人の学生が集いました。臨地実習直前で忙しい3年生も多数参加してくださり、全学年の交流を図ることができました。


様子1

5班の人はここですよ〜

様子1

「かんぱ〜い!初めまして よろしく!」


まずは、緊張をほぐすために、「ジェスチャーゲーム」開始です。


様子2

各学年混合チームで賞品を目指してジェスチャー中

ゲームのおかげか、その後の交流は笑顔があふれていました。


様子3

お菓子を食べながらおしゃべりでーす。

様子4

私たち6班です!

皆さんの楽しそうな様子と、1年生から「先輩に学校生活や勉強方法を聞くことができて良かったです」との感想をもらって、今年も開催して良かったなと思いました。


様子5

2014年度自治会は、

「他学年との交流」を重視していきたいと思います。学年や年齢に関係なく気軽に話せるような交流を目指します。そして、自治会での交流を通してコミュニケーション能力が高められたらと思っています。


様子6

2014年度自治会メンバーです。
よろしくお願いします!

2014年度 入学式

様子1

満開の桜を窓外に見て、4月3日(木)に「2014年度入学式」を執り行いました。本校多目的室で挙行された式典は多数のご来賓、ご家族の方々にご参列をいただき厳粛なものとなりました。


様子2

式典は石坂学校長による入学生認定に続き、松原法人会長をはじめとする来賓の方々からの励ましのお言葉を頂き、その後入学生代表が力強く入学生宣誓を行いました。


様子3

「入学生代表による宣誓」

今年度入学した女性34名、男性5名、計39名の学生はこれより3年間看護師を目指して勉学に励みます。


様子4

「校歌 ‘学び舎’ 斉唱」

2013年度 卒業式

2014年3月6日(木)雪が舞い散る中、2013年度 卒業式が行われました。御来賓の方々やご家族、在校生に見守られながら40名の卒業生が、一人ずつ壇上に進み、学校長より卒業証書を受け取りました。

様子1

学校長式辞・来賓祝辞に続き、
在校生代表より送辞が送られました。


様子2

「先輩方の真剣に取り組む姿は、学ぶという姿勢の模範として、私たちの目に焼き付いています。それと同時に、看護師を志すためには常に学習する姿勢が大切であるということを学ぶことができました。」


その後、卒業生代表より


「三年前、看護学校への入学も決まり、新しい生活に期待と不安でいっぱいの時、あの震災が起こりました。あれから三年、多くの事を考え、学ぶ中でまだまだ無力ではあるものの、具体的に行動する力と勇気を得ることができました。」また「2011年度生の協力を得て書き上げることができました。このクラスのみんなとともに学べたこと、ともに卒業の日を迎えられたことを誇りに思います。またそれを支えてくださったすべての方々に感謝の意を表します」


と卒業生全員の思いを乗せた答辞が述べられました。


様子3

最後には、卒業生全員で「栄光の架け橋」を斉唱。それまでは凛としていた卒業生も3年間の思いがこみ上げ、涙を流しながらの斉唱となりました。
卒業式の後には、学生が作成したスライドショーの上映があり、たくさんの思い出を語りながら慣れ親しんだ学び舎から旅立ちました。


「京都桂病院クリスマスコンサート」参加

2013年12月21日(土)、京都桂病院外来棟ホールで開催されました「クリスマスコンサート」に今年も本校の1年生が出演しました。

様子1

キャンドルライトを手に入場した学生たちは、会場一杯の観客の皆さんに緊張しながらも、最初の演目のハンドベルの演奏を披露。注目を浴びます。


様子2

ハンドベルに続いては、クリスマスソングのメドレーです。会場の皆さんと一緒に「ジングルベル」を合唱します。


様子3

会場の盛り上がりに緊張の解けた学生たちは「OH HAPPY DAY」を学生みんなで考えた振り付けを披露しつつ熱唱し、喝采を浴びました。

様子3

「京都桂病院クリスマスコンサート」は毎年12月の第3土曜日に開催されています。2014年度も看護学生の出演が予定されておりますので、是非ご覧下さい。


「オムロン 太陽の家」に見学へ行きました☆

2年生40名が11月8日(金)と22日(金)に2グループに分かれて、「オムロン 太陽の家」へ産業保健見学実習に行きました。

成人看護学の授業の一環で、「企業における健康管理の実際を知り、障害を抱えて仕事をもつ成人の健康状況や健康管理について学ぶ」ことを目的に、実際の工場・宿舎の見学、施設で働く看護師の豊田さんのお話を聞くことで、机上で学んだ知識を結び付けることができました!!


様子1

●工場内見学に向けて、会社概要について講義を受けます●

様子2

●ヘッドホンと無線機の準備をして、さぁ工場内の見学へ●

工場内では、障害を抱えながら自立した生活を送るための様々な環境整備を見学することができ、自立を促すための看護のお話も伺うことができました!!


様子3

☆後日、学校で見学したことをグループワークで共有しました☆

自分では気付かなかった発見もでき、来年の実習に向けて「患者さんに合わせた環境調整をすることが【その人らしい自立の再獲得】を促すこと」を学ぶことができました。


10月31日、11月1日学校祭を行いました

1日目 スポーツ大会

1日目は、大山崎体育館で1、2年次生対抗スポーツ大会を行いました。種目は、バレーボールやバスケットボールなどでした。


様子1

1、2年次生全員でパシャリ!☆

様子2

1日目を終えて

このスポーツ大会は、1、2年次生手加減なしのガチンコ勝負だったので、館内は熱気に溢れていました。1年次生は一致団結して2年次生に挑みましたが、残念ながら2年次生の先輩方が2年間かけて築いた絆には歯が立ちませんでした。普段の学校生活であまり関わることのない2年次生の先輩方とたくさん触れ合える良い機会になり、皆さん楽しんでもらえていたのでよかったと思います。

副自治会長



2日目 ハロウィンパーティー

様子3

2日目は、1、2年次生協力してパーティー用のご飯を作りました。また、出し物などで盛り上がりました。



様子4

2日目を終えて

2日目はハロウィンということで、みんな高校の制服を着たり帽子を被ったり、仮装をして楽しみました。お昼に食べた、焼きそばやホットケーキ、おにぎりなど、どれもおいしかったです。出し物では、ダンスやコントなど、みんなこの日のためにたくさん練習しました。自治会では、何度も集まり、よりよい学校祭にするために話し合いました。初めての学校祭で、苦労したこともたくさんありましたが、1年次生も2年次生も全員が楽しめたので充実した日にすることができました。

自治会書記



授業「看護援助論VIII」を紹介します

2年生になると、授業の方法も新たなものが始まります。基礎看護学の「看護援助論VIII」は、臨床看護技術の演習です。

「肺炎・白血病・脳梗塞・心不全」の4つのグループに分かれて、病気の理解と、その患者さんに必要な看護を考えました。


【白血病グループの発表】

様子1

「患者さんは感染しやすいので、看護師役はエプロン・帽子・マスクをつけています。スリッパにも注目してください。皮膚は強く拭くと内出血(皮下出血といいます)しやすいので、優しく拭きます。」

「治療として輸血が行われました。輸血の副作用の観察が重要です。」



【脳梗塞グループの発表】

様子2

「患者さんは、脳梗塞で右片側に麻痺が起きました。動かさずにいると、関節の拘縮(こうしゅく)が始まります。このように肩関節の運動を行います。運動時は痛みに注意します。」

「車椅子への移動を行いました。患者さんの両ひじを支えて体を引き上げます。このことで患者さんは安全に安楽に座れます。」



【肺炎グループの発表】

様子3

「肺炎の症状として、気道の分泌物、つまり痰(たん)が発生します。痰が気管のどのあたりにあるか、聴診器で確認します。」

「痰を吐き出せない患者さんには、吸引機を使います。ここでは、吸引モデルを使用します。吸引は1回、15秒程度で行います。さて、吸引するときにかける圧力はどれくらいでしょう?」



【心不全グループの発表】

様子4

「心不全は、右心不全と左心不全によって症状が異なります。心不全のときは、とくに輸液(点滴)のスピードは注意が必要になり、医師の指示により行われます。」「輸液の実施と輸液ポンプの使い方を示します。静脈留置針を血管にさします。ここでは静脈シミュレーターを使います。」



何度も練習しましたが、プレゼンテーションは緊張です!

様子5

発表グループにするどい質問も飛び交います!


病気の理解、看護計画、プレゼンテーションの準備・・・グループで学び合う30時間の授業は、結構大変、でも達成感もいっぱいです。みんな、この学習成果を看護学実習で活かす気は、まんまんです。


第6回ホープの会 〜Home Coming Day〜 を開催しました!!

最高気温38℃の8月20日「第6回ホープの会 〜Home Coming Day〜」が開催されました。


卒後1年目の新人看護師さんが本校に集う「ホープの会」は、新人看護師さんが、戸惑い、悩みながらも、がんばって仕事が続けられるように…という願いを込めて、楽しい集いを毎年企画・開催しています。
(「ホープの会」は、京都府・公益法人京都府看護協会・京都府ナースセンター主催の看護職確保定着事業の一環です。)

様子1

6回目を迎える今年は、3月に本校を巣立っていった卒業生と京都桂病院に同期入職された皆さんが集ってくれました。
今回は「生き活きライフ☆リフレッシュ!! 私のパワー活用術」と題し昨年好評だったラベルワークシンポジウム茶話会を行いました。


ラベルワークでは、5つのグループに分かれ、二色の付箋に「つまずいていること・困っていること」「大切にしていること・気分転換の方法など」を書き、模造紙にまとめました。同期の仲間が、同じような思いや悩みを抱えながら働いていることが分かりました。

様子2

続いてシンポジウムを開催しました。今年度も京都桂病院で働く卒後1年目から5年目の看護師さんがシンポジスト、皆さん本校の卒業生です。
シンポジストの方々には、新人時代のエピソードや新人看護師さんへのアドバイスを語って頂きました。
先輩看護師さんの「誰もが0からのスタートだったんだよ」「いつもそばでみんなを見守っているよ」という温かい言葉に涙する新人看護師さんも…。

様子3

シンポジウムの後は、各テーブルにシンポジストの皆さん、教員も加わり、楽しい茶話会の始まりです。
美味しいドーナツとパイを食べながら、いろんな話をしました。

様子4

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。「ホープの会」もお開きとなりました…。
参加してくれた新人看護師さんは「仕事をしんどく思っていたけれど、頑張ろうと思えてきました」と笑顔でした。


皆さん一人ひとりに、いつも学校からエールを送っています。
「みんな、顔晴れ〜ッ!!(=がんばれ〜っ!!)」


7月26日金曜日は学校公開でした

夏休みとあって、たくさんの方が来場されました。大変暑い日でしたが、皆さん真剣に、そして楽しく参加してくださいました。

在校生たちが、優しく看護の技術について説明をし、その後実際に体験していただきました。聴診器を使って、モデル人形の呼吸の音や、心臓の音を聴いてみました。なかなか難しいものですよね。

様子1

そして、こちらでは生まれたばかりの赤ちゃんの抱っこの仕方を教えています。首がすわっていないので、両手でしっかり優しく抱っこしましょう。自然と笑顔になりますよね。

様子2

学校生活のことや勉強のことなど、なかなか聞けない疑問にも快く在校生たちが答えるQ&Aコーナーも大盛況でした。もっと聞きたかったというご意見も多くありました。

様子3

モデル人形もいろいろ充実しています。患者に対する細やかなケアについてしっかりと学んでいきます。

様子4

2013年度 基礎看護学実習I−@へ行きました

7月5日(金) 1年生が入学後初めての臨地実習のため、隣接する京都桂病院へ行きました。

学校内では元気いっぱいの1年生も初めての実習ということもあり、緊張の面持ちで学校を後にしました。

初めに京都桂病院の林看護部長から病院の概要について説明を受け、様々な職種の中での看護師の役割を学びました。


様子1

午後からは各病棟に分かれて、バイタルサイン測定患者さんとのコミュニケーションの実際などの看護師の業務を見学しました。


実習を終え学校に帰ってきた学生は、
看護師の仕事を実際に見て、看護の道に進んで良かった。改めて看護師になりたいと思った
今、学んでいる基礎的なことが、いかに大切であるか学び、日々の学習に対する心持を改めることができた
決意新たに実習を終えることができました。


学会に参加しました!!

本校では、生涯にわたり看護実践に根ざした研究活動ができる看護師を育成する目的で、3年次に学会参加の機会を設けています。


参加する学会は、毎年さまざまで、今回は・・・
「日本精神保健看護学会・第23回学術集会」に参加することになりました。

様子1

みんな、初めての学会参加にドキドキわくわく

様子2

これからも、看護する中で、常に「なぜ?」と問いを立て、探究し、学び続けることを大切にしたいな・・・と思った一日でした。


第1回 自治会主催 交流会

新緑の季節になりました。2013年度自治会ではこの度、新しい行事を始めることにいたしました。その名も! 第1回 自治会主催 交流会!!

様子1

5月15日 教室に集まったのは1、2年生総勢81名!!
今回の目的はズバリ!「1、2年生みんなで楽しく話そう!」

様子2

お菓子を食べながらみんなでおしゃべり

様子3

中には真面目に話をしているグループも。

本年度から自治会は2つの目標を掲げることにしました。
ー自治会目標ー
@学生同士の親睦を図り、充実した学生生活を送る。

A主体的に団体活動に参加する姿勢を養い、社会福祉に貢献できる人間性を修得する。

看護師を目指す上で、主体的に行動する力は不可欠です。医療現場では患者や家族との交流や、他職種との連携がとても重要になります。自治会ではその能力を養う場を提供するとともに、充実した学校生活を送るために、学生同士が年齢や学年の垣根をこえて親睦を深めていけるような関係づくりを行っていきたいと思います。

様子4

始めは緊張していたみなさんも最後にはみんな笑顔に!
一緒に楽しい学生生活を送りましょう

様子5

初めての試みでしたが、無事終えることができました。
みなさんご協力ありがとうございました!

2013年度生オリエンテーション合宿

4月21日(日)、22日(月)の両日、「看護における人間関係を理解し、コミュニケーションに関する基本的なスタンスを学ぶ」を目的に、今年入学した1年生のオリエンテーション合宿を亀岡市の湯ノ花温泉にて行いました。

様子1

石坂学校長による講義「考える楽しさ」〜無限に思いを馳せる〜

様子2

川部先生による講義・グループワーク
  「看護における人間関係について、体験的に学ぶ」

様子3

お待ちかね 楽しい夕食タイム!

様子4

夕食後は各自の持ち技で「自己表現」

様子5

翌日は体育館に移動し、スポーツで汗を流しました。

様子6

トップ > 桂・カレッジ通信