学校案内 カリキュラム 施設案内 キャンパスライフ アクセス・お問い合わせ リンク

キャンパスライフ

  • VOICE − 在校生のメッセージ

がんばっています

3年生氏名

3年生

青年海外協力隊員として発展途上国で活動していた時に、直接的に人の役に立てる看護師という仕事に魅力を感じ、看護師を志しました。
 ノーベル平和賞を受賞したマザーテレサは「平和は微笑みから始まる」という言葉を残しています。人は自分の心を映す鏡だと思います。すべての人に対して思いやりの心を持って微笑めば、優しい微笑みが返ってくる。相手の心はもとより、自分の心まで暖かくなります。
 京都桂看護専門学校に入学し、看護を学んでいる中で、この言葉をたくさん実感する瞬間があり、この学校に入学してよかったと思います。
 一学年一クラスで、学校のサポート、学習環境も充実しています。年齢も様々なクラスメイトが刺激し合える環境で、今は国家試験全員合格を目標にクラス皆で頑張っています。

 

2年生氏名

私は、自分のために頑張ることは人のためであり、人のために頑張ることは自分のためであるという思いを持ち京都桂看護専門学校に入学してきました。しかし、気持ちが挫けてしまいそうになることもたくさんあります。そんな時、学校の仲間や先生方、周囲の人達に支えられて乗り越えていけていることを強く実感します。
 人は一人では生きていけません。これから入学してこられる方々も様々な思いのもと、様々な環境のもと入学してこられると思います。この学校で出会う仲間や先生方との出会いを大切にし、また、支えてくれる人達への感謝の気持ちを持ちながら、目標である看護師を目指してほしいと思います。
 私も、今まで知らなかったことを知る喜び、学ぶ喜びを噛み締めながら、学校での学びを充実させ、自分の思い描く看護師になれるよう日々研鑽していきたいと思います。

2年生
 

1年生氏名

1年生

私は患者さんの目線に近い看護師を目指したいと思い、京都桂看護専門学校に入学しました。本校には、そんな私の思いを入学してからも持ち続けることができる環境があります。
 入学して最初の頃は、高校とは違う90分の授業や、今まで耳にしたことのない医療用語、初めて出会うクラスメイトに不安でいっぱいでした。また、入学してから何度も自分は看護師に向いているのかと悩みました。ですが、グループワークや実技のテストに向けての練習をクラスメイトと協力することで、頑張れる自分がいることに気付きました。その気持ちに支えられています。学校には、自分が納得できるまで一緒に付き合ってくれる仲間や、わからないことや疑問に思うことがあれば、答えてくださる先生がいます。
 朝、玄関で実習に行く先輩たちを見て、一年後、二年後の自分の姿を想像しながら、学校生活を送っています。
 患者さんの気持ち、入学する前の気持ちを忘れずに、これからも頑張ります。

トップ > VOICE-在校生のメッセージ(キャンパスライフ)